ブログランキングを上げる裏技などのまとめ

ブログランキングを上げる裏技などのまとめ

人気ブログランキング、にほんブログ村、FC2、アメブロなどのランキングを上げるための裏技などが詰まったまとめサイトがOPEN!
正攻法から裏技までかなり細かく解説されています。

当たり前だけど気づかない事って多いですよね。。。

是非1度訪問されることをおすすめします。

特に、個人授業主の方や中小企業の方必見です!
ブログランキングを攻略して売り上げに直結させるヒントが隠されています。

ブログランキングを上げる裏技などのまとめサイトは

>> ブログランキングを上げる【4の鉄則】と語られない【1の秘密】

投票を活用して人気ブログランキングの順位を上げる

投票を活用して人気ブログランキングの順位を上げる

人気ブログランキングには『投票』と言う簡易アンケートサービスがあります。
このサービスは、自分のブログに簡単なアンケートを表示できるブログパーツです。
この投票サービス自体は、多く知られていると思いますがこの投票サービスがランキングのINポイントに反映される事はあまり知られていません。
続きを読む

おきてがみ(ブログパーツ)でランキングアップ??

おきてがみ(ブログパーツ)でランキングアップ??

少し前まで労力をかけてブログランキングアップする方法として
流行っていたのが、ブログへのコメント周りです。

コメント欄に『応援ポチ!』などと言ったコメントを残し、相互クリックを促すのです。

コメントに『応援ポチ!』とは、 続きを読む

ブログ記事ランキングを攻略してピンポイントアクセスを呼び込む

ブログ記事ランキングを攻略してピンポイントアクセスを呼び込む

ブログ記事ランキングで上位をとれば、通常のブログランキングより濃い、あなたのブログの属性に合ったアクセスをよりピンポイントで呼び込む事が出来ます。

人気ブログランキングから濃いアクセスを得る穴場ポイント
↑昨日の記事と少し被ってしまうのですが。。。
続きを読む

人気ブログランキングから濃いアクセスを得る穴場ポイント

人気ブログランキングから濃いアクセスを得る穴場ポイント

人気ブログランキングから
濃いアクセス(売上などに直結する)を得るには、ランキングを上げるのも重要ですが
意外と知られていない穴場ポイントがあるんです!


トップページの左側に総合メニューがあります。
その中に、話題のキーワードと言う項目があります。

開いて見ると分かりますが、旬のキーワードが日にちごとにズラリ。

簡単に説明してしまうと、人気ブログランキングにはPING送信機能があります。
これは記事を更新すると人気ブログランキングへその記事情報が配信されると言う機能。
コレを使って集めた記事をキーワードごとに自動で振り分けています。

でこの何が濃いアクセスを得る穴場ポイントかと言うと。。。

旬のキーワードでしたら、最近では台風、少し前だと島田紳助、e.t.c.

この旬のキーワードを使って記事を書いて・・・
何て当たり前の事はしません。


話題のキーワードを何日間か見てみると、
??と言うキーワードがあるのに気付きます。
しかも、そのキーワードは確実に毎日話題のキーワードとして載っている。

そのキーワードが見つかればしめたもの!

そのキーワードを使って記事を書いて更新。
反響があれば、連日でもそのキーワードを使って連続更新!

キーワードに自分のブログが合わない・・・
ではなく、キーワードを自分のブログに合わせたり
アフィリをしているのであれば、そのキーワードに沿った商品を探してくるとか
そうして記事を書けばよいのです。


まぁこれはキーワードアフィリエイトの定番的やり方ですが。。。

ただ単にランキングを攻略してアクセスを呼び込むより
アクセス数は多い訳ではありませんが、
確実に濃いアクセスは見込めます。



人気ブログランキングの自動攻略はこちら





ブログランキングの投票用バナーの張り付け方

ブログランキングの投票用バナーの張り付け方

質問内容
人気ブログランキングに参加しているのですが、ブログに、バナー(?)を貼る方法がわかりません他の方のブログをみると、1日1回クリックお願いします、と、画像がはってあり、そこからページにとぶようになってますどのようにすればよいのでしょうか?アメーバブログですよろしくお願いします

 

この様な質問がありました。

続きを読む

ブログランキングを上げる前にサイトの特徴を把握する

ブログランキングを上げる前にサイトの特徴を把握する

ブログランキングを上げる前に、各ブログランキングの特徴を把握しておくと良いです。

ブログランキングですから、INカウントでランキング付し一覧表示するのは当たり前ですが

ブロガー同士のコミュニケーションを重視しているところもあります。
続きを読む